読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シン・ゴジラを観て来た

 

話題の映画、シン・ゴジラを観てきました。

監督はエヴァンゲリオンで有名な庵野秀明さん。

彼らしい、というかエヴァンゲリオンテイストがたっぷり使われた作品で

現実(ニッポン)対虚構(ゴジラ

といううたい文句を裏切らないというか、

現実世界にゴジラっていうスーパー非現実がやってきたら日本はどう

立ち向かうのかという内容の群像劇でした。

 

お話として見応えがある内容というより、

MX4D上映などの技術的な部分を含めた試みが面白い映画だなって思いました。

アイディアに対してお金を払う価値がある、見応えがある感じで、

私は残念ながらMX4Dでは見られませんでしたが、3Dでもいいので、

できるだけハイテク上映で映画というよりもアトラクションで観る映画なのではないかなって思いました。

特に冒頭ではハイテク上映を意識しまくった仕掛けが沢山あっていい感じでした。

 

特撮映画で育った人が最新技術を使ってCGフル活用ではなくて敢えて特撮映画を作ったみたいな雰囲気を感じさせる試みも好きです。

 

以下ネタバレ気にしないパートなのですが、

粗さがしみたいな感想になってしまいました。

国防や被爆国としての日本など、政治的なメッセージ等もこの映画からは見受けられましたが、考察というよりも

 

これどうにかならなかったのかなという不満から、願望なんかを書きなぐっています。

 

 

 

以下ネタバレあり

 

 

 

 

 

 

・自由さと不自由さ

この映画で一番びっくりしたのは、作品のなかで総理大臣を殺した事です。

自分の国のトップを殺すなんてなかなかできませんよ。

少なくても北朝鮮ではありえません()

 

このイベント(総理大臣の死後)は

ゴジラがただの災害(と呼ぶにはレベル高すぎですがw)

から

日本という国自体の存続を危うくさせる絶望的存在に変え

国連が核攻撃でゴジラを駆除するとか言い出したり、

第二次世界大戦以来再び国土に核兵器を落とさせる訳にはいかないとなったり、

ゴジラからも、国の存続的な意味でも日本を守る事が

映画の主題になっていくことで、

残された人間がどうするのかを試すという状況を作り上げる為に必要な

この映画にとっての最大のターニングポイントだったと思うのですが、

繰り返しびっくりしました。

 

ただ、私はこの展開に対する不満があって、

ゴジラがただの災害であるフェイズの時は逃げ回る市民のシーンが沢山あった訳です。

この映画の一つの売りが「豪華キャスト」であるように、

消防士や逃げ回る一般市民などにも、有名な俳優が沢山使われているわけです(私はそれをいい事だとはあまり思っていませんがw)

ただ、総理大臣の死後、本格的に日本からの退去が必要になって絶望感に打ちひしがれれる市民の描写がほとんどない。

絶望感を演出する上で、そこまで描いていてくれれば細かいなって思ったのですがはっきり言ってここにはがっかりしました。

 

なんていうかパニック物の割に一連の流れに予定調和感を感じました。

 

・予定調和感

シンゴジラは基本的には群像劇ですが、

多くの群像劇がそうであるようになんだかんだ主役がいます。

シンゴジラの場合は長谷川博己さん演じる矢口蘭堂内閣官房副長官がそれでした。

このキャラクター内閣官房副長官というエリートだから冷静なのは分かるんですが、

お前こういうことが起こる事を知ってたの?っていう位全てがこの人の予想通りに

進んでいくんです。

お前は島耕作かよ。って言いたくなる位。

映画の中ではゴジラの存在を示唆してる謎の科学者が出てくるんですが、

矢口さんがその謎の科学者の関係者でしたっていうオチなら全てが腑に落ちたのですが、そういうわけですらなかった。

敢えて酷い言い方をするとこの人の所為で緊張感が薄まったと言っても過言ではありません。

 

・重要人物がミスキャスト

石原さとみ演じる米国大統領特使カヨコ・アン・ パタースン。

ゴジラに次いでこの作品のスーパー非現実的な存在。

おばあちゃんが日本人で要は日系アメリカ人のスーパーエリート。

核兵器を落とした国と落とされた国の両方の関係者でこの映画のある意味象徴的な人物なのですが、

石原さとみの英語がメチャメチャなので胡散臭いギャグキャラにしかみえない。

石原さとみが英語を頑張ってるのは伝わるんだけど、

スーパーエリート設定でいくには明らかにおかしい。

帰国子女でもミックスでも何でもいいけど、

ネイティブイングリッシュスピーカーで演技できる女優いくらでもいたでしょ。

総理大臣殺せる割にこういう所で日本の芸能界関係のしがらみを感じさせられて、

とても萎えました。

石原さとみは好きですけどね。

あんなエリートはいないよ。

ついでに言っちゃうと竹野内豊ももっといい俳優いくらでもいたでしょ。

2人とも浮ついててギャグキャラにしか見えませんでした。

 

ゴジラは比喩?

この作品のゴジラは大人しいです。

街をばったばった壊すし、光線は強いし、自衛隊の全力攻撃は効かない。

ただ何をしてくるのか予想がつかない感が一切ないんですよね。

映画の中盤ではエネルギーを使い果たして東京のど真ん中で沈黙しますが、

人間側の「こっちが準備できるまで待ってて」という要望を完全に聞き入れてくれてるのか、全然緊張感がありません。

変に暴れさせて、ただの暴走モンスターという印象を与えるよりは、

また、平成ゴジラのように怪獣同士にプロレスさせる強引な設定よりは全然いいと思うのですが、

他の項目との重複になりますがシンゴジラに足りなかったのは緊張感の演出だと思います。

特にゴジラの存在がただ怪獣としてだけではなく、

政治的なメッセージのアイコンともとれるだけに、

ゴジラを通してどういう感情を感じさせたいのかが弱かった気がするんですよね。

 

とはいえラストシーンを含めて庵野監督が問いかけたいメッセージや考えさせたいテーマ、何よりも特撮作品に詳しくない私でも感じた

特撮らしさが色々と詰まっていて凄くいい作品だったと思います。

 

出来れば、というよりも出来るだけハイテク上映で体験する作品だと思います。

お家にハイテクホームシアターがある方は別ですが、

是非映画館のハイテク上映で。