読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ポケットモンスター赤・緑・青・ピカチュウ

ゲーム

f:id:narihito-pkmn:20160221222327j:plain

 

今では大人気シリーズとなったポケットモンスターシリーズの第一作、

 

ポケットモンスター

 

が発売されて20周年。

2年前の年末にポケットモンスタールビー・サファイアのリメイク版である
ポケットモンスターオメガルビー・アルファサファイアが発売された時に、

僕が私がはじめてプレイしたポケモンシリーズのリメイクといった反応が沢山ありましたが、その時同様、物心ついたころにはポケモンシリーズが当たり前にそこにある事が当たり前になってきている事を感じさせられます。

 

20周年を記念して任天堂3DSのヴァーチャルコンソール
ファミコン過去のハードで発売されたソフトを最新のハードで遊べるサービス)
ポケットモンスターピカチュウがリリースされたり、

20周年の思い出をおのおのの形で表現している人がインターネッツに沢山いますが、

私も初めてポケモンを手にしてプレイした時の思い出を思い出しながら、

ここに書いてみる事で乗っかろうと思います。

 

 


私とポケモンシリーズとの出会いは、ポケットモンスターの人気がまだ爆発する前だったと思います。

当時私はまだ小学生。

小学生の私は転校を経験していて、お友だちがいないお友だちだったのですが、
ある日暇そうにしていると、みんな来るから君もおいでよと
クラスのガキ大将の家に誘って貰える事になり、
そこで行われた身内格闘ゲーム大会に優勝して仲間として認められ、
こいつはTVゲームが上手い子としてお友だちがいるお友だちになれました。

ガキ大将にはお兄ちゃんがいて、そのお兄ちゃんもまたガキ大将なので、
我々のガキ大将は、お兄ちゃんの影響を受けまくってガキ大将をやるだけではなく、

お兄ちゃんから教わった遊びを一緒にやろうよと度々誘ってくれたのです。

 

ポケットモンスターシリーズも
ガキ大将に「これ一緒にやろうよ!」と勧められた遊びの一つでした。
前述の通り私は「ゲームが上手い子」だった事もあってか、
ガキ大将は最初に私にポケモンを取り込もうとしてくれました。

 

==================================================================
このゲームは凄いぞ!

みんなで交換しながら図鑑を完成させるゲームだ!

色んなパンチが使えるポケモンと強いキックが使えるポケモンから1匹選んだり、

2つの化石から1つを選んでそれを復元させたりするんだけど、

1人で遊んでると1つずつしか選べないけど2人いればどっちも集めながら遊べるんだ!

だから一緒にやろう!

===================================================================

なーんて感じで小学生なりにプレゼンしてくれて。


私は親からポケモンを買う許しを得てガキ大将と一緒にポケモンをゲーム屋さんまで買いに行って、
ガキ大将が赤を持っているからという理由で、
なんだかよく分からない化け物が描かれたポケモン緑をしぶしぶ買い(結構揉めたw)
晴れてポケモンと出会いました。

ちなみに、ポケットモンスターシリーズは赤緑バージョンを含め
ライバルの名前を自分でつけられるシリーズがいくつかありますが、
ライバルの名前を変えられる度、私はライバルをそのガキ大将の名前にしています。
(今後名前を変えられる女の子ライバルが出てくることがあったら困りますね)

最初は嫌々手にした緑バージョンでしたが、
私は緑バージョンを手にする事が出来て大正解だったと思います。
当時のお気に入りポケモンの内の1匹が緑バージョンでしか捕まらないポケモンだったからです。


思い出のポケモン

当時初代ポケモンをプレイしていて思い出深かったポケモンを6匹挙げます。
思い出のポケモン6傑。

 

1.ゼニガメ

f:id:narihito-pkmn:20160225005909p:plain

オーキド博士から最初に貰えるポケモンを挙げない訳にはいきません。

とはいえ御三家にはあまり思い入れはありませんでした。
というのも既にポケモンをやっているガキ大将が、
「ここでゲームをやり直せば2人とも最初のポケモンを3匹ともゲットできるぞ!」
と2人分のフシギダネヒトカゲゼニガメを1匹ずつゲットできる様に
リセットを繰り返したからです(笑)

何故ゼニガメを挙げたかというと私が最後に始めたデータで私の分のゼニガメを選んだのでまともにいう事を聞いてくれたのがゼニガメだったからです(笑)

最初はヒトカゲを愛用しようとしたのですが人から貰ったポケモンは強いジムバッジがないという事を聞かないんですよね。アニメ版ポケットモンスターの主人公サトシのリザードンも言う事を聞かないポケモンでしたが、こんなエピソードもあってか私にはとてもしっくりきました。

 

また序盤の強敵としてカスミのスターミーが度々挙げられますが、
個人的にはゼニガメ(その時には既にカメール)のおかげで当時は苦戦した記憶がありません。

スターミーは色々な技を覚える(ふぶきも覚える!)素早さの高いポケモンなので、通信対戦の際私の周りでは大人気ポケモンだったのでそっちの印象が強いです。

 

2.ダグトリオ

f:id:narihito-pkmn:20160225005945p:plain

ディグダの穴では稀に野生のダグトリオが出てくるのですが、
初プレイ時の私はいきなりダグトリオが出てきて全滅しかけた記憶があります。
穴を掘るでカメールが早々に倒され(とてもよく覚えています)焦りながらも
なんとしても捕まえてやるぞと、穴を掘るが効かないポッポの砂かけを駆使して
捕まえる事に成功し、愛用していました。後述しますがきりさくが使える事も

高ポイント。

 

3.サンダー

f:id:narihito-pkmn:20160226123317p:plain

プレイしていると1つだけ貰えるマスターボール

誰に使ったか覚えていますか?

私はサンダーでした。

私の周りではフリーザーに使った派が一番多かったです。

初代ポケモンは相手を凍らせてしまえば勝ちな所があったので、

凍らないこおりタイプのフリーザーにマスターボールを使うのが賢いという風潮でした。

サンダーにマスターボールを使ったと話したら友達からからかわれた記憶があります。

サンダーなんて凍らせればいいじゃーん!もったいなーい!的な(笑)

おかげでフリーザーを捕まえる時に苦労したかどうかはあいにく覚えていません。

 

4.ペルシアン

f:id:narihito-pkmn:20160225010104p:plain

緑にしか出て来ない思い出のポケモン

資金繰りに苦労する初代ポケモンですが猫に小判という技で小銭を貯める事ができる。

私によく懐いていた親戚の家の猫の名前をニックネームにしていたので愛着もありました。

そしてほぼ必ず急所にあたるきりさくという技が好き(子供なので刀とか剣とか刃物系の武器に憧れがあった)だったので、きりさくを使いこなせるペルシアンが大好きでした。

ペルシアンの為に10万ボルトの技マシンの工面に苦労したのもいい思い出です。

対戦で使っているとゴローニャが天敵でしたがバブルこうせんも覚える事を知ってバブルこうせんの技マシンの工面に苦労したのもいい思い出です。

一番手塩にかけて育てたポケモンと言えるかもしれません。

 

5.ラプラス

f:id:narihito-pkmn:20160225010158p:plain

シルフカンパニーを救ったご褒美で「とても頭がいいポケモン」と言って渡される。
ポケモンXYが発売する直前に放送されたアニメジ・オリジンでこのシーンが
使われていたのは嬉しかったです)

確かレベル10いくつで貰えるのですが、この時点でこのレベルは弱い。
当時は弱いポケモンを育てながら進めるのが今ほど簡単ではなく、
それでも頭がいいから強いポケモンになると信じて一生懸命育てた事を覚えています。
その努力が報われる程度に強かった。

というかふぶきが使えて自身が凍らないポケモンは大抵強かったです。

 

6.カイロス

f:id:narihito-pkmn:20160225010304p:plain

ポケモンをやっていると、よく知らない子、あんまり仲良くない子から
ポケモン対戦を申し込まれたり、「俺の最強のポケモン」あげるー!
と交換を申し込まれた記憶ありますよね?

私がそんなノリで貰った「最強のポケモン」がカイロスでした。
じごくぐるまとちきゅうなげとハサミギロチンを覚えている事は覚えているのですが、
あと1つの技がどうしても思い出せません。
多分そのもう1つの技がとても強い技だから「最強」だったんだと思います。

 

他にも、対戦で愛用していたカビゴン、ゲンガー、

のちに発売される金銀シリーズでも愛用し続けたサンダース等思い出深いポケモンはまだまだ沢山いますが、

初代ポケモンという括りで特に記憶に残っているのはこの6匹。

 

その他思い出

思い返せば初代ポケモンは結構不親切なゲームだったと思います。

レトロゲームならではの理不尽です。

ポケモンのレベル上げが大変、お金が貯まらない、

モンスターを預けるBOXが一杯になるとBOXをわざわざ切り替えないと次が捕まえられない、

一度に持つ事ができるアイテム数が少ない

要するに下手すると詰む。

個人的に苦労した記憶があるのは、

・ライバルのポッポ

特に2回目に戦う時。砂かけという技を使ってくるのですが、砂かけの所為でこちらの攻撃が当たらなくなり苛々した記憶があります。

このライバルは続編で「グリーン」という名前で登場しており

彼の切り札がポッポの最終進化系であるピジョットなのですが

この時のトラウマのおかげで私には妙にしっくり来ています。

・イワヤマトンネルのイシツブテ

容赦なく自爆攻撃を仕掛けてきてこちらのポケモンを全滅に追い込んできます。

確かトレーナーが使ってくるイシツブテだった記憶がありますが、野生もしてきたかもしれません。自爆攻撃がトラウマになったのと同時に、のちの対人戦でお気に入りの技になりました(昔は自爆の技マシンがありました。だいばくはつのも)

・四天王というかカンナ

やたらカンナ(1人目)に苦戦した記憶があります。

多分レベルが低かったんでしょう。何度もカンナに挑んでレベルを上げました。

シバ、キクコに苦戦した記憶はなく、

ワタルとラスボス(あえて隠しましたw)は会う時点で消耗しているのもあって

やはり苦戦した記憶があります。

 

また当時はお友だちがいるお友だちだった私は対戦をする相手がいました。

リザードンが大好きなガキ大将、カウンターを覚えたラッキーを使ってきたK君。

ゲンガー、マタドガスベトベトンに大爆発を覚えさせていたT君。

私の周りではスターミーが大人気ポケモンでさいみんじゅつとゆめくいのコンボが使えるポケモンも人気でした。私はスターミーとペルシアン、さいみんゆめくいができるゲンガーなんかをよく使っていたと思います。

初代というとケンタロスが大人気なイメージが強いですが入手難易度の所為もあってか私の周りでは余り使われていませんでした。

要ははかいこうせんとふぶきを両方高いレベルで使いこなせるから人気があったという事なんだと思いますが、私の周りでは自爆と大爆発の方が人気技でした(笑)

何も考えてませんでしたからねw

 

どのVC版を買うか

とりあえず私は青バージョンを買いました。
理由はお気に入りのペルシアンが出るから、そしてやった事がないから。
ピカチュウ版にも興味がありますが、ニャースが捕まえられないと聞き辞めました。

VC版はあいにくオンライン対戦もできませんし、
私はポケモンに関しては完全にお友だちがいないお友だちなので、

思い出に浸る目的でのプレイになりそうです。

ユンゲラーフーディンにするのも難しいでしょう(笑)

当時青版はポケモンが本格的に社会現象になってから、
コロコロコミックを経由して買う事ができましたが、
周りの友達が次々と青版を手にしていく中、
私は既に緑版を持っているから青版を買う事は許して貰えず、
ちょっと羨ましかった事を覚えています。
そんな意味でも丁度いい。

 

初代ポケモンやった事ないポケモン好きの割合も「多い」と呼べるレベルになっていると思いますが、

当時の不親切さ、不気味さ、やってみるといいと思います(笑)