機動戦士ガンダムUCを全て観終わった

f:id:narihito-pkmn:20140524215741j:plain

 

EP1から実に約4年

 

機動戦士ガンダムUC ep7を観ました。

これでアニメ版の機動戦士ガンダムUCを全て観終わりました(原作未読

 

ガンダムの感想を話す時は緊張しますw

私の様なにわかガンダムファンがガンダムについて語るとディープなガンダムファンにコテンパンにされるんじゃないかという恐怖がw

書きますけどね(何

 

ガンダムUCの魅力は2つあると思っています。それは

 

宇宙世紀という世界と世界に対するリスペクト

ガンダムUCは一言で言えば宇宙世紀好きが宇宙世紀好きのツボを刺激しにいった作品だったなと思いました。ただしツボは刺激する事で良いようにも悪いようにも作用するように、賛否は当然分かれます。

ただしガンダムUCに関しては賛が多い所が凄い所でこれは作った人が宇宙世紀好きだからなんだろうなー思った最大の理由です。

 

・映像と音楽

これは単純に男のロマン的な部分ですね。カッコいいMSがキレイな映像でかっこよく動く。ガンダムUCのアニメーションってすごいんですよね。

最初に挙げた部分とリンクしますが出てくるMSの中に過去の作品に出てきた我々が既に知っているMSが多く含まれているので、それが最新最高のアニメーションの中でかっこよく動くのを見るのは痺れるところがあります。

見せ場としてクローズアップされるシーンは勿論の事、沢山のMSが入り混じっている戦闘シーンの中で知ってるMSをどれだけ多く見つけられるかみたいな楽しみ方が用意されているのは世のガンダムオタクのツボを刺激していて上手いなーと思わずにはいられません。

 

そして音楽。ガンダムシリーズって正直な所アニメーションの作画に関してはそこまで称賛されてこなかったと思うんです。今挙げた通りUCは凄いですけどね。

ただ音楽に関してはガンダムシリーズは常に高い評価を受けていると思っていて、それ位ガンダムシリーズにとってBGMって重要。じゃあ今回BGMを担当した澤野弘之さんの音楽がどうだったかというと、まあ素晴らしい。ガンダムUC観ていて痺れるシーンがいくつもありますが、音楽のおかげで痺れている部分かなりあります。

 

 

・じゃあ肝心の話は?

 (以下ネタバレ含む

続きを読む

お客様様が好き勝手にアニメを語る ♯2014年春

2014年春アニメも約半分が消化されました。

ここ最近アニメを観る時にこのアニメの特徴は

・話なのか

・キャラなのか

・ノリなのか

的な視点で分類する事が多いです。今期私が観ているアニメでその分類の仕方をするととっても分けやすいから余計にそうなる。

それが良い事なのか悪い事なのかはわかりませんが、

紹介する際に&他人にオススメするうえではとってもやりやすい。

つまりこの記事を書く上ではとってもやりやすい。

かといって参考にしやすいとは限りませんが、メモとして残しておきます。

続きを読む

お客様様が好き勝手にアニメを語る ♯2014年冬

2014年の1クール目、冬アニメは豊作だと思います。

 

2014年も2月に入り、比較的暖かかった1月に対して急に冬らしく冷え込み、この記事を書いている今日東京では雪まで降りだしてしまっていますが、

そんな寒さで出不精になっている人にとって、変わり種が多くて楽しい作品が多い今期のアニメはいい友達なのではないでしょうか。

私はどのアニメもチェックしている訳ではありませんが、性懲りもなく観ているアニメの雑感をまとめてみたいと思います。

 

続きを読む

映画「永遠の0」を観た。

 

永遠の0 (講談社文庫)

永遠の0 (講談社文庫)

 

 

2014年になりました。

引き続きこのブログではアンテナに引っかかって実際に体験したコンテンツを私なりに紹介していくつもりです。

 

映画「永遠の0」を観てきました。

作家の百田尚樹さんの作品は去年一度大きなピークを迎えながらここ数年間大きな注目を集めています。その百田さんの処女作かつおそらく最も知名度が高い作品を映画化した作品。

 

「娘に会うまでは死ねない、妻との約束を守るために。」そう言い続けた男は、なぜ自ら零戦に乗り命を落としたのか。終戦から60年目の夏、健太郎は死んだ祖父の生涯を調べていた。天才だが臆病者。想像と違う人物像に戸惑いつつも、一つの謎が浮かんでくる―。記憶の断片が揃う時、明らかになる真実とは。     ※文庫版「永遠の0」の裏表紙より引用

 

私は原作を読んだうえで映画を観てきました。原作とは少しだけ内容が違います。

少し登場人物のキャラクターが違っていたり、後は小説永遠の0は圧倒的な情報量から成り立っているのに対して、情報がカットされていたり、そんな感じです。時間が限られていますからね。取捨選択の結果です。

 

結果、祖父とその周りの人物の物語としてとても綺麗にまとまっていたと思います。

小説版が戦時中や戦後における問題にまで切り込んでいたのに対してそこら辺までカットされていたり中途半端に残されていたり、原作を読んでいたからこそ残念に感じる部分があったのは事実ですが、

永遠の0の中のヒューマンドラマ的な部分に強い焦点を当てる選択とその選択をキレイにまとめてさすがだと思いました。

 

反面、

いわゆる「神風」はどういうものだったのか、特攻隊は何を思っていたのか、その側にいた人間は何を思っていたのか、それをやらせた人間はどうなのか、

小説版が情報量や登場人物同士の議論を通じて、そういった部分について語られていますが、

映画版はそういった部分に関しては薄味です。

当然映画の中には特攻隊が登場して、特攻隊が出てくる以上、特攻のシーンや特攻に至るまでの心情が視覚的に入ってきます。

我々分かっていない人間にとってそれは「悲惨、辛い、信じられない」

と感じさせることはできてもそれを「なぜ、どう」と理由を持って説明する事はできません。「そう思ったから」が悪い事ではありませんが、それだけで済ますにはバカっぽいですし、戦争っていう歴史はライトではないはずです。

 

説明ばかりでも疲れてしまいますけどねw

 

私は原作の情報が入った上で映画を観ているので情報が閊える事はありませんでしたが、何も知らないで映画から観た人はどうなんだろう?感動の話としてはするする入ってくるだろうけど、戦争というテーマで考えるとどうなんだろう?って思うところがありました。

視覚的に戦争シーン、ショッキングな映像があるので補完されない事はありえませんが、そこで終わる事はどうなんだろうって思う訳です。

 

小説版永遠のゼロは戦争を伝える映画だったと思うけど

映画版永遠のゼロが戦争を伝える映画だったと思うかと聞かれれば首をひねってしまう。

 

※以下はネタバレと批判を大いに含んだ映画に対する感想です。

 

続きを読む

お客様様が好き勝手に観た映画を語る ♯2013年

師走です。

 

今年1年を振り返るのが恒例行事。

振り返り方は様々ですが、ここでは今年観た映画を振り返ります。

 

今年はほとんど映画館で映画を観ていません。

 

去年の10月から1年ほどほぼ毎月海外出張へ行っていた影響で、良いのか悪いのかある程度の映画は飛行機の中で観る事ができてしまったり、

お気に入りの映画館がその10月より更に前に閉館して以来映画館そのものと疎遠になってしまったりで、ここ何年かで最も映画を観なかった年です。

記憶もあいまいで去年の映画も混ざっているかもしれませんが、多分今年観た映画を簡単に羅列&ちょっとした感想を書き殴っていきます。

 

映画を観る時や自分の感想との比較して遊ぶ際に参考にでもしてください。

ベタな物差しですが☆の数は琴線に触れた度合。5点満点。

 

続きを読む

718種類まできた。もうポケットには入りきらない。

 

ドラゴンクエストシリーズファイナルファンタジーシリーズ

やった事がある方はどのナンバリングが一番お好きでしょうか?

 

数字で数えられれば簡単にどれ位シリーズが重ねられてきたかよくわかります。

そういう意味で言えばこのシリーズは結構分かりづらいのですが6世代目に突入。

 

f:id:narihito-pkmn:20131029173648p:plain

 

みんな大好きポケットモンスターシリーズ。

2013年10月12日にポケットモンスターXとYが発売されました。

私はポケットモンスターシリーズ大好きなので当然の事の様に購入そしてストーリーをクリアしました。

 

プレイしてる時こんな事思いながらプレイしていましたよ、

プレイし終わった時こんなこと思いましたよ的な事を書き殴っていこうと思います。

 

ちなみにこの記事を書いている時点で私はポケモンXしかやった事がなくポケモンYは未プレイです。内容はほぼ同じなはずですが、仮に全然ちげーよ!という事でしたらごめんなさい。

 

多分差支えないと思います。

 

続きを読む

ラッキースケベとはまさにこのこと

島耕作シリーズ

読んだ事はありますか?

この作品に対してどんなイメージを持っていますか?

 

タメになる漫画?

難解?

女性の裸ばかりでてくる?

これは私が実際に読む前までに持っていた島耕作シリーズに対する印象です。

 

百聞は一見にしかず

課長 島耕作

最初に描かれシリーズ中最も有名なこの作品を先日読み終わりました。

一言で感想を言うと私はこの漫画大好きでした。

では読み終わった前と後で印象は変わったのか?

漫画の感想と共に答え合わせの時間です

 

続きを読む